新築住宅の火災保険 「必要補償ランキング」

新築住宅を購入された場合にかける、火災保険で必要な(おすすめの)補償をランキング形式で表してみました。参考としてくださいね。

 

「火災保険」必要保障ランキング

 

 

1位 火災・落雷・破裂・爆発

 

これがないと火災保険とは言えません。 必須の補償です。

 

必要な補償を選べる保険会社のものでも、これを外すことはできませんね。

火災保険 ランキング 補償

まずはこれが一番です。

 

詳しくはこちら

火災・落雷・破裂・爆発

 

2位 風災・ひょう災・雪災

 

自然災害の中でも、風災はおすすめです。

 

最近でも台風のときに屋根が飛んでしまったという事故報告が寄せられています。

 

また、太陽光発電をつけている場合は「ひょう」が降るとパネルが破損してしまうおそれがありますから、ひょう災が必要ですね。

 

詳しくはこちら

風災・ひょう災・雪災

 

3位 不測かつ突発的事故

 

いわゆる『オールリスク』補償です。

 

室内 = 生活空間 で起こる事故に対して対応できるものです。

 

この特約に焦点があたらないのが不思議ですが、不測かつ突発的事故(オールリスク)は付帯しておくと、

意外なときに役に立つかもしれません。

 

詳しくはこちら

不測かつ突発的事故(破損・汚損)

 

4位 地震保険

 

いまや地震保険は必須といっても過言ではない風潮になってきましたね。

 

建物はもちろんですが、家財にも付けておくことをおすすめします。

 

地震保険は付帯しておくといいですよ。

 

詳しくはこちら

地震保険

 

5位 外からの飛び込み、飛来物

 

飛来物はいろんなケースが考えられます。

 

特に、車が塀をこすったりして修理しないといけないば場合に役立つ特約です。

 

この場合、自動車保険と両方が対象になりますが、相手から弁償してもらえない場合は必要です。

 

詳しくはこちら

物体の落下(外からの飛び込み)・水濡れ・騒じょう

 

番外編 個人賠償保険

 

火災保険だけではなく、自動車保険や傷害保険にも特約で付帯することができます。

 

以前は自動車保険に付帯することにより「個人賠償保険」も示談交渉が付くことがメリットでしたが、

最近では自動車保険以外の「個人賠償保険」にも示談交渉が付いている場合も出てきました。

 

自動車保険とでは同じ個人賠償保険でも内容が微妙に違うので確認が必要です。

 

詳しくはこちらから

個人賠償保険・受託品賠償保険特約

 

以上が、私が考える必要な補償ランキングです。

 

これは私が保険の仕事に携わり、お客さんの事故を経験する中で必要と感じたものや、実際に支払い件数が多かったものなどを元に作成したものです。

 

順位としては1位ではありませんが、「不測かつ突発的事故(オールリスク)」は付けておいて損のない特約だと思います。

 

新築住宅の火災保険を掛ける際の参考となれば幸いです。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ