地震保険とは?

地震保険とは、既にご存知のとおり、地震・噴火・津波が原因で火災や倒壊、流出などの

損害が遭った場合に補償されるものです。

 

地震・噴火・津波の損害は火災保険では補償できない

 

上記の原因で建物や家財に損害があった際には、火災保険では補償されません。

 

よくある誤解が、

「地震で起こった損壊はダメだけど、地震で起こった火災は火災保険で補償できるんじゃない?」

というものです。

 

これについては、『火災保険で保険金が支払われない場合(免責事項)』で詳しくご説明しています。

 

地震保険とは

結果的に建物や家財が燃えてしまっても、損害保険全般に言えることですが、「原因が何か?」によって支払われるかどうかを判断します。

 

地震で起こった火災は、地震が原因なので住宅火災保険などでは免責となっていますので、

補償の対象外となります。

 

そこにこの保険を掛ける必要性が出てきます。

 

地震保険の目的は被害者保護

 

地震保険とは、災害に遭った人の生活の安定を目的としたものです。

 

ですから、火災保険のように建築金額をすべて補償できるものではなく、

火災保険保険金額の50%までが限度となります。

 

具体的な保険金額としては、火災保険の契約金額の30%~50%の範囲内で掛けることができます。

 

建物の場合は5000万円、家財の場合は1000万円が上限となっています。

 

【保険金額の例】

 

《建物価格 3000万円、家財一式 800万円のご家庭の場合》

 

火災保険 建物 3000万円  家財 800万円

 

地震保険 建物 1500万円  家財 400万円

 

とこのような掛け方になります。

 

住宅火災保険の30%~50%の範囲内で設定するわけですが、

ほとんどの人が50%で設定されています。

 

この保険は自動車の自賠責保険などと同じように、政府が被害者救済の目的で

保険会社と共同で作っているものなので、どの保険会社で見積りをしても

保険料や仕組みなどは同じです。

 

また、この保険は単独で加入することはできず、必ず火災保険とセットで加入しなければなりません。

 

この保険の保障期間は1~5年までとなっています。 最長で5年で更新することになります。

 

新築物件で35年一括払いの火災保険に加入した場合でも、

付帯している地震保険は最長で5年となりますので、5年後にまた更新することになり、

保険料もその際に支払うことになります。

 

もちろん、地震だけ1年更新を選択することも可能です。

 

以上がこの保険の概要となっています。

 

別の記事ではさらに詳しくご紹介していますので、そちらをご覧くださいね。

 

近年、大きな地震が増えてきています。

 

個人的な意見としましては、地震保険は必ず付けておいて欲しいと思います。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ