火災保険の補償される補償内容とは

新築住宅で火災保険を掛ける際には保険料が100万円を超えることもあり、かなり高額になります。

 

住宅購入時にはお金が必要なので、できれば火災保険の保険料は抑えたいものです。

 

必要な補償だけを選ぶためにも、まずはどんな補償があるのかを知っておきましょう。

 

火災保険の主な補償内容

火災保険 補償内容

  1. 火災・落雷・破裂・爆発
  2. 風災・ひょう災・雪災
  3. 水災
  4. 外来物の飛び込み・水濡れ・騒じょう
  5. 盗難
  6. 不測かつ突発的事故(破損・汚損)

 

他にもいろいろと補償はあるのですが、主なものとしてはこれらのものになります。

 

各種補償の概要

 

火災・落雷・破裂・爆発

 

家が火事にあった場合や落雷で電化製品が破損した場合などに使える補償です。

 

火災は誤って出火してしまった場合や放火などでも対象となります。

 

最近では落雷の事故も増えてきました。

 

詳しくはこちらから→火災・落雷・破裂・爆発について

 

風災・ひょう災・雪災

 

台風や強風による被害や、ひょうが降ってきて屋根が壊れたり、雪で屋根やトユが壊れた場合の補償です。

 

近年では自然災害が増えてきたので、必須の補償といえます。

 

詳しくはこちらから→風災・ひょう災・雪災について

 

水災

 

洪水や土砂崩れの際の補償です。

 

付けるか外すかで悩まれる方が多い補償No.1です。

 

水災リスクがほとんどない地域であれば、外すことで大幅に保険料を削減することができます。

 

詳しくはこちらから→「水災補償に」ついて

 

外来物の飛び込み・水濡れ・騒じょう

 

外から車やボールなどが飛び込んできて家に損害が発生した際に補償されます。

 

外来物は塀や門なども補償に含めることができるのでおすすめです。

 

詳しくはこちらから→物体の落下(外からの飛び込み)・水濡れ・騒じょうについて

 

盗難

 

泥棒に入られた際に補償されます。

 

家なら鍵や窓ガラスを壊されたとき、家財は電化製品などを盗まれた際の補償になります。

 

詳しくはこちらから→「盗難補償」についてのご説明

 

不測かつ突発的事故(破損・汚損)

 

オールリスクと呼ばれる補償です。

 

上記の内容以外の事故の場合に対象になります。

 

例えば、家具を動かしている最中に誤って壁を壊した場合などが挙げられます。

 

意外と事故の多い補償です。

 

詳しくはこちらから→火災保険の不測かつ突発的事故(破損・汚損)について

 

以上が、火災保険の保障内容です。保険会社や保険代理店の担当者と一緒に必要・不要を判断して、合理的な保険を作っていきましょう。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ