【2017年版】住宅ローンに関わる3つの銀行の選び方

[2017年版]アナタの一生を決めるかも!?住宅ローンを依頼する銀行の選び方

いざ、家を建てよう、マンションを買おうとなった時に、現金で「ポン」と買える人は、ほとんどいません。

 

多くの方は住宅を購入する際に、銀行に対して住宅ローンを依頼するものですが、普段から銀行と縁があり、銀行ごとの違いや、銀行の利用方法を知っている、という方は、ほとんどいないでしょう。

 

特に「どの銀行を選んで良いんだろう……」と悩んでいる方は少なくありません!

 

今回は、住宅ローンを選ぶ上での“要”とすら言える、銀行の選び方をご紹介したいと思います。

[住宅ローン]銀行選びで知っておきたい3つのヒント

  • 金利のタイプを良く見る
  • 住宅ローンの種類を観察する
  • 融資実行日や決算日などを確認する

住宅ローンを選ぶ上で、銀行選びは重要です。

 
「融資額が多い銀行が良い」「金利が安いローンが良い」というのは、みんなが思うポイントですが、残念ながら総都合よく良い銀行が見つかることはありません。

 

ただ「大手銀行なら安心だ!」「地元銀行は頼りにならない」というような、決めつけ的なイメージを持つのは間違いです。

 
世界に支店がある大手銀行であっても、なかなか融資してくれなかったり、地元銀行の方がなにかと融通をきかせてくれるということも、少なくありません。

 

だから、銀行のネームバリューではなく、住宅ローンの特徴で銀行を選んでください!

 

それでは、銀行選び3つのヒントを細かく解説して行きたいと思います!

[銀行選びのヒント①]金利のタイプを良く見る

日本人は、借金がキライなので「金利」という言葉――特に「利息」という言葉には敏感です。


家を購入するために、お金を払うのはしょうがないけれど、出来れば金利は安く抑えたいと考えるのは、ほとんどの人が持つ願いでしょう。

 

ただ以外に知られていないのですが、一口に「金利」と言っても、種類があるし、銀行によって微妙に”タイプ”が異なります。

 

銀行ごとに得意な金利タイプがあり、ざっと上げるだけでも変動金利、5年固定金利、10年固定金利、35年固定金利などなど、金利のタイプが異なります。

 

人それぞれライフスタイルが違うため、「この金利タイプにすべき!」とは言えませんが、どの銀行が、どのような金利タイプで、自分にはどんな金利タイプが合っているのかを知っておくと、銀行選びがグッと楽になりますよ~!

[銀行選びのヒント②]住宅ローンの種類を観察する

銀行は金利だけでなく、住宅ローンの種類も異なります。

 
銀行ごとに、さまざまな住宅ローンの種類があり、金利だけでなく各種手数料も異なります。

 

フラット35」や「民間ローン」、「提携ローン」など銀行によって提案するローン内容と種類が異なるので、銀行を選ぶ際には金利だけでなく、ローンの詳細も注意深く観察するようにしてください。

[銀行選びのヒント③]融資実行日や決算日などを確認する

実は銀行ごとに、お金の支払タイミングやローン返済のタイミングなどが大きく異なります。

 

「どの銀行も同じでしょ?」と思っていると、給料日と支払いタイミングが合わず、お金のやりくりに苦労してしまうことがあります。

 

また、新築物件を購入する時や、土地を買って家を建てる時など、大きなお金が動くタイミングに融資が受けられないと、スムーズに物事が進まないということもあります。

 

融資実行日や決算日など細かなことではありますが、各種銀行と見比べることをお忘れなく。

住宅ローンは大きく変化する場合もあります!

銀行によるお金の貸し借りに関しては、国が定める法律に左右される部分があります。

 
金融緩和が行われる際には、金利が下がったりすることもあるので、住宅ローンの借り入れを考え中の人は、こまめに各銀行の情報をチェックするようにしてください!

 

「常に情報収集を怠らず、常に最新の情報にアップデートをする」これこそが、銀行選びにとって重要なことなので、住宅ローンを考え中の方は、ご紹介した項目を参考に、自分にあった銀行を選んでくださいね~。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ