新築マンションの火災保険の相場 分譲は○万円!賃貸だと○万円以内!?

新築マンションの火災保険の相場っていくら……?

火災保険への加入を考える時に一番気になるのは、やっぱり金額ですよね?

 

そもそも、火災保険なんて夕飯の買い物のように、ラベルが貼ってあるワケでもないですし、「今なら○○割引!」と割引があるワケでもありません。

火災保険に限った事ではありませんが、本当に保険の金額って分かり辛い!

それじゃあ、火災保険の相場価格――特に購入者が多い「新築マンションの火災保険の相場」をご紹介したいと思います。

新築マンションの火災保険の相場はおいくら?

新築マンションと言えど、さまざまな種類がありますので、マンションのタイプごとに相場価格をご紹介したいと思います。

 

新築一戸建ての火災保険相場とは少し考え方が違います。

①分譲マンション

新築の分譲マンションの場合は、一戸建てに比べると火災の被害に合うリスクがやや低いこと、土地面積が広くはないので、火災保険の金額は安くなる傾向があります。

しかも、最近のマンションは、特に分譲の場合は火災対策をしっかり行っていることが多く、火災保険料は安くなっている傾向があります。

ただし、タワーマンションなどの場合は、火災保険料が高くなってしまう場合も!

 

一般的な新築の分譲マンションなら年1~1.5万円、タワーマンションなどの場合は2万円程度が火災保険の相場だとお考えください。
また購入したマンションの状態や防災設備、家具や資産によっても、火災保険料が高い場合があるので、ご注意を!

②賃貸マンション

それでは、新築の賃貸マションの場合はどうでしょうか?
賃貸の場合は、わざわざ無理して火災保険に加入する必要はありませんが、仮に火災保険に加入する場合は、一般的な家賃価格(15万円以内)であれば、火災保険料は年1万円以内です。

 

ただし、家賃価格が高かったり、高価な家財がある場合は、賃貸であっても火災保険料が上がる場合もあるので、あくまで目安程度にお考えください。

火災保険の契約方法によっては相場価格より安くなる場合も!

新築マンションの場合の火災保険相場をご紹介させて頂きました。
今回ご紹介した価格はあくまで相場です。

 

実際にご契約内容によって、高くなることもあれば安くなることもあります。

 

特に、火災保険の一括見積を行ったり、長期に契約する場合は、火災保険料を安くすることが可能です。
もしも、新築マンションを購入して、火災保険に加入しようか悩んでいる方は、これらの方法で保険料を節約してくださいね!

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ