新築住宅の火災保険を長期一括払いにするメリット

新築住宅の火災保険は長期一括払いで10年一括といった

長期契約をすることをおすすめしています。

 

住宅ローンを組む場合には、ローン期間に合わせた加入が必須となっている金融機関が

多いのですが、 それ以外でも長期一括払いには様々なメリットがあります。

 

新築の火災保険を長期一括払いにする理由

 

新築住宅を購入する際には、保険だけではなくて家具を購入したり、

そのた諸経費がたくさんかかります。

火災保険 長期一括払い

これは自分が想像以上の金額になります。

 

ですが、まとまったお金が準備できるのも新築購入時期です。

 

自己資金を含めて、住宅ローンを少し多めに組んでおけば何かと助かります。

 

そんな時期だからこそ、少し無理をしていても長期一括払いで

火災保険に加入しておいた方が良いと思います。

 

例えば、年間5万円の保険料がかかるとして、

30年間払い続けると150万円かかってしまいます。

 

しかし、保険会社にもよりますが、新築時に火災保険を長期割引や

新築物件の割引を使うことにより、これを半分くらいに軽減することも可能になります。

それによりコスト面を大幅に抑える事に成功することとなります。

 

長期一括払いにするメリット

 

このメリットとしては

 

  • トータルの保険料を軽減できる
  • お金を捻出しやすい
  • 毎年の更新手続きが省略できる

 

などがあります。

 

特に大きなメリットは保険料負担を軽減できるというものです。

 

新築物件割引というものも大きいですが、単純に長期契約することで安くなります。

 

期間が長くなればなるほど安くなるので、

住宅ローンに関わらず長期契約にすることをオススメしています。

 

いろいろとお金が必要な時期ですが、長い目で見るとお得に契約ができますよね。

 

住宅ローンの借入れをするときに、火災保険の保険料を含めて借りることもできます。

 

その場合には、ローンの決済日に司法書士さんに支払う登記費用などと一緒に

保険会社へ保険料を支払う方法が最も効率的ですね。

 

どうしても掛け金が捻出できない場合には仕方がないので、毎年更新というのもいいと思います。

 

しかし、頑張ったら捻出できるのであれば、

新築住宅の火災保険は長期一括払いで契約しておきましょう。