住宅ローン一括審査3つのデメリット しっかり知ってリスクを減らそう!

住宅ローンの一括審査の落とし穴! デメリットってあるの?

住居を購入するために、住宅ローンを選ぶ……というのは、今や当たり前のこととなりつつあります。
そんな住宅ローンの申し込みをする際に、ネットを使って住宅ローンの一括審査をお願いする人は、少なくありません。

 

住宅ローンの一括審査を利用すれば、ネットで簡単に審査が出来るし、金利も比較的安く、手間もかからない!


住宅ローンの一括審査は手軽に住宅ローンを融資してくれる会社を選ぶことが出来るだけでなく、一般的な銀行に比べれば金利も安いので、「よし!住宅ローンの一括審査を利用しよう」という方は多いと思いますが、その選択「ちょっと待った!」です。

 

メリットしかないように思える住宅ローンですが、実は意外な落とし穴――デメリットもあるって、ご存知ですか?

住宅ローン 一括審査の3つのデメリット

  1. 一括審査のせいで住宅ローンが降りなくなる場合がある
  2. 必ずしも一括審査の方が金利が安いとは限らない
  3. 自分にあったローンが組めないかも知れない

[一括審査のデメリット①]審査が通らないことがある!?

住宅ローンの一括審査は、ネットで複数の金融機関から見積もりを取ることが可能です。
しかし、一括審査と言えど、審査は審査。

 

金融機関の多くは、融資を行う際に融資条件に対して審査を行いますが、その審査項目の中に「複数の金融機関から融資を募ろうとしているか、否か」というモノがあります。

 

金融機関は複数の金融機関に対し、融資を依頼している人物に対して、不信感をいだきます。
そして、その人の信用度が低い場合は、複数の会社に融資を依頼している場合は、一括審査であったとしても、審査が通らなくなってしまう場合があるのです!

[一括審査のデメリット②]金利が必ずしも安いとは限らない?

一括審査を行うと、複数の金融機関から査定が届きます。
融資額だけでなく、融資に伴う金利も一括審査で見比べることが可能なのですが、一括審査の方が必ずしも安いとは限りません。

 

ほとんどの場合、一括審査の方が金利が安いのですが、融資条件によっては、一括審査以外の方法で住宅ローンの融資を依頼した方が、安く済む場合があるので、ご注意ください。

[一括審査のデメリット③]自分にあったローンを組めない?

実際に銀行に行って、銀行と住宅ローンについて話し合うことが出来ないのが、一括審査の唯一の欠点です。

 

ネットでほとんどの手続きが完結してしまうがゆえに、プロの意見を聞くことが出来ません!

 

「こういう融資がありますよ?」「こういう返済方法が可能です!」と言う提案がないのが、一括審査のデメリットなので、一括審査を利用する際には、住宅ローンの知識を事前に自分で蓄えておく必要があります。

住宅ローンの一括審査のデメリットをしっかり知って、利用してくださいね!

住宅ローンの一括審査は、来店不要で複数の金融機関に対して審査を依頼できる便利なサービスです。
ご紹介したようなデメリットよりも、メリットの方が多いのは事実ですが、デメリットを無視して「一括審査をすれば大丈夫!」と安易に、一括審査を利用すると、痛い目を見てしまう可能性があります。

 

“万が一”の一括審査のリスクを避けるためにも、住宅ローンに関する知識を深め、「自分には、どんな住宅ローンが向いているんだろう?」「返済計画は大丈夫かな?」など、注意すべきポイントは注意するようにしてください。

 

試算はこちらから↓

 

 

デメリットを知れば、住宅ローンの一括審査も怖くない!

 

住宅ローンの一括審査で損をしないためにも、ご紹介した一括審査のデメリットは、しっかり覚えておいてくださいね♪

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ