火災保険の見積りを複数社で比較するメリット

新築住宅の火災保険は見積りを比較することで、50万円以上の差が出ることもあります。

保険について何も知らないまま損をしないために、見積り比較のメリットをご紹介します。

 

12社の見積りを比べてみる

i火災保険

 

火災保険の補償内容や保険料も各社いろいろ

 

現在、販売されている火災保険は保険会社ごとに内容も保険料も変わります。

 

補償の付けたり外したりできるものや、オール電化などの割引が適用されて安くなるものなど様々です。

  • 自分の家では割引が適用できるか?
  • 不要な補償が外せるか?

こういったことは、物件ごとに異なりますので実際に見積もりを取ってみないとわかりません。

 

「自分が購入する家で、どんな補償が必要で、どんな保険料になるのか」 ということを事前に知っておくことができます。

 

また、保険会社によって補償が外せる条件などが違ってくるので、複数社の見積もりを比べてみて、ご自身にあったプランで加入する必要があります。

 

わかりやすい例として 『水災補償が必要な地域』 と 『水災が必要でない地域』 の例を挙げてみます。

 

【水害の心配がない地域】

 

水災補償が必要なければ、水災補償のみを外せる保険会社を探します。

その上で、一番安い保険会社を探すことになります。

 

【水害が心配な地域】

 

一方で、水害が心配な地域の場合には水災の補償を付けておく必要があります。

「水災補償」を付けた状態で一番安い保険会社を選ぶことが必要となります。

 

繰り返しになりますが、現在は保険の自由化により、同じ補償でも保険料が変わってきますので、注意が必要です。

 

そういった意味で、このサイトでは7社の損害保険会社の火災保険を取り扱うことができる『i火災保険 』というサイトをおすすめしています。
12社の火災保険を比較してみる
当サイトでもおすすめしているAIUの「スイートホームプロテクション」なども、こちらのサイトから見積もり依頼できます。

 

また、ご自宅の情報を入力しながら火災保険の概要について勉強することができる画期的なシステム『知識シュミレーター』 で、保険の知識を付けることができるので一石二鳥です。

 

【参考記事】

火災保険の相談・見積り体験記

 

さらに、火災保険に詳しい担当者が電話で対応してくれるので後日わからないことは相談するにも安心できます。

 

また、知り合いの保険代理店さんや、銀行関連の代理店、保険ショップなどと相談する前に、知識を仕入れる意味で一度見積もりを取ってみるもの良いでしょう。

 

今すぐ見積りを比較するならこちらから

→ i火災保険

i保険画像

 

 

 

 

 

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ