住宅ローンと団体信用生命保険の関係について

新築住宅を購入する際には、住宅ローンを組まれるケースが多いと思います。その際に、かなりの確率で必須になるのが「団体信用生命保険」というものです。

 

通称は略して「団信(だんしん)」と呼ばれます。

 

団体信用生命保険(団信)とは

 

これは何かと言うと、ローンの契約者が万一亡くなってしまった場合

または所定の高度障害になってしまった場合に

保険会社が契約者の替わりにローン残高を返済してくれるものです。

団体信用生命保険

 

わかりやすく言うと、 「万一の際には借金を肩代わりしてくれる保険」 ということです。

 

これは民間の金融機関で借りる場合には必須で、保険料は金融機関が支払ってくれます。

 

また、フラット35の場合には、団体信用生命保険への加入は任意になります。

 

この場合には、保険料は契約者の負担になります。 任意とは言いますが、

できるかぎり入っておいた方が良いでしょう。

 

万一、一家の大黒柱に何かあると、遺族の方が替わりに住宅ローンを返済していかなければならなくなります。

 

残されたご家族はかなりの負担を強いられて、自宅を手放さなければならないことにもなりかねません。

 

逆に団信に加入しておけば、万一の際は契約者に替わり保険会社が返済してくれるので

遺族は住居費がかからなくなり、生活はぐっと楽になります。

 

団信の保障金額と保険料

 

団信の保障金額は住宅ローンの残高となります。

 

例えば、借入れが2000万円だった場合に、毎年100ずつ返済していくと5年後には残高が1500万円になります。

 

残高が保障金額になるので、この場合だと1500万円を保障してもらえることになります。

 

保険料は保障金額1000万円あたり36000万円になり、これを毎年支払うことになりますが、

民間金融機関の場合は金融機関が負担してくれています。

 

団体信用生命保険で生命保険料を大幅に安くできる可能性もある

 

この保険に加入しておくと、ご家庭の生命保険を安くできる可能性もあります。

 

死亡保障の生命保険を組む場合、

 

住宅ローンの返済分2000万円 + 遺族の生活費3000万円

 

として生命保険の保障金額を 5000万円と設定したとします。

 

住宅ローンは団信に加入していると返済分に準備していた2000万円が不要になるので、

生命保険の保障金額は3000万円で足りることになります。

 

3分の1の保険料がカットできるので、

仮に死亡保障の保険料が1万5千円だった場合には1万円の保険料で済みます。

 

年間で6万円、10年間で60万円の保険料コスト削減ができるわけです。

 

こういったことは、知っているのと知らないのとでは大きな差になってしまいます。

 

できれば、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談したほうが良いでしょう。

 

そのあたりは、こちらで詳しく説明されていますのでご参考にしてください。

↓ ↓ ↓

あなたにファイナンシャルプランナーへ相談して欲しい本当の理由

 

以上が、団体信用生命保険と住宅ローンの関係についてでした。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ