住宅ローンで失敗した2人の失敗談 アナタにも起こるかも知れない住宅ローン返済の失敗!

実は住宅ローンを利用した87%の人が失敗している

東洋建設のホームページによると、2000年のデータとやや古いものの、住宅ローンを利用した約87%もの人が「失敗した」と感じており、その大きな原因は「無理な資金計画」にあると語られています。

確かに「一生に一度の大きな買い物だから」という理由で、豪華な家にするために、無理に巨額の住宅ローンを申し込む方も少なくありませんが、そういった無理な資金計画がもとで、自己破産する方もいるのですから、住宅ローンの利用には慎重になるべきだと言わざるを得ません。


「私は、住宅ローン選びに失敗しないから大丈夫」
「どうせ失敗するのは、一部の人だけでしょ?」



とタカをくくっている方も、これからご紹介する住宅ローンの失敗談を知ると、その考えが変わるかも知れませんよ……!

[失敗談①]繰り上げ返済を前提に借りたローンで一苦労……

Aさんは、2000万円の借り入れを、金利0,95%の3年固定ローンを35年で申し込みを行いました。

 

Aさんは奥さんと共働きということもあり、繰り上げ返済をする目的で3年ごとの固定ローンに申し込んだのですが、奥さんが予定よりも早く妊娠してしまい、働きに出ることが出来ずAさん1人でローンの支払を行うことに。

 

しかし、1%を切っている3年固定ローンでしたが、次の3年後の金利が予想以上に上がってしまい、このままだと35年固定で金利1,98%のフラット35Sよりも、支払い金額が上がってしまう可能性が高く、Aさんは「なぜ、フラット35Sを利用しなかったのか」と後悔しているそうです。

◆Aさんの失敗


 

  • ライフスタイルの変化を予想していなかった
  • 繰り上げ返済を前提にローンを組んでしまった
  • 金利が上がることを考えていなかった

 

[失敗談②]残業代を考慮せず、ローンの支払が厳しくなってしまった!

真面目な正確のOさんは、ネットなどで得た知識から「住宅ローンの借入額は年収の5倍までが良い」と判断し、その年の年収を元に、予算を組み毎月の返済額を決め、実際に住宅ローンの申し込みを行いました。

 

1,2年の間は、年収は変わらなかったこともあり、住宅ローンの返済もスムーズに行っていたのですが、3年目からOさんの、住宅ローンの支払が厳しくなることに!

 

その原因は、Oさんが最初に設定した”年収”にあったのです。
Oさんは、住宅ローンの予算を決める際の年収が、残業代込だという事を、すっかり忘れていたのです。

 

部署が変わり、すっかり残業がなくなって年収が下がってしまった、Oさんにとって、ローンの支払いは厳しいものに変わってしまい、結果的により良い勤め先を探して、転職することになってしまいました。

 

残業代をあてにしたばっかりに、住宅ローンの支払が厳しくなるなんて、なんだか皮肉な話ですよね……。

◆Oさんの失敗


 

  • 万が一を考慮せずに、月々の支払い金額を決めてしまった
  • 残業代のような、不確定な収入を当てにした

 

アナタも住宅ローンで失敗しないために、よ~く考えて支払い額を決めましょう!

住宅ローンは、さまざまなお金の借り方、返し方があります。

そして、その借り方、返し方がアナタの一生を左右するかも知れないのです!


「あの時、ああしておけば」
「もう少し、考えておけば」



とタラレバを言っていても、時計のハリは戻りません(ローンの借換えという方法はありますが)。

 

だから、住宅ローンで失敗しないために、ライフスタイルの変化や金利状況の変化なども考慮して、住宅ローンを決めましょう!

 

【関連記事】

住宅ローンの選び方

 

たったこれだけの事ですが「不測の事態」を想定して、住宅ローンを組むことで、最悪の事態は避けられます。

 

これから、住宅ローンを考えると、という方は万が一のことを踏まえて、住宅ローンを借りる銀行、返済方法等を決めるようにしてくださいね!

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ