安い火災保険の選び方

新築で火災保険に加入する場合、できるだけ安い方が助かります。

 

住宅を購入する際には、当初想定していたよりも数百万円もの資金が必要になる場合があります。

 

そんな場合には火災保険のコストを少しでも削りたいものです。

安い火災保険の選び方

少しでも安い火災保険に加入するには

  • もともとの保険料が安い安い 火災保険 選び方
  • 割引制度が充実している
  • 必要な補償が選べる

などがあります。

 

もともとの火災保険料が安いところを選ぶ

火災保険は補償が同じであっても、保険会社ごとに基本となる保険料は異なります。

 

例えば、水災を付けるとA社が一番安いけれど、水災を外すとB社が一番安いという具合に、補償内容などによっても最安値の保険会社は違ってきます。

 

このあたりは、あなたがどれくらいの補償内容を希望しているかといったことや、住宅購入時の保険金額(補償金額)などによって変わってきます。

 

また、住んでいる地域によっても保険料率が変わってきます。

割引制度が充実しているところを選ぶ

もし、オール電化住宅にしているのであれば、そういった割引があるところを選びましょう。

 

できるだけたくさんの割引が適用される方が有利なので、そういったところを探してみるのも1つの方法です。

補償が選べる保険会社かどうか

必要な補償が選べるかどうかは、保険料を抑える上で非常に大切な要素になってきます。

 

特に大手保険会社の場合には、補償はセットになっていて「スタンダードプラン」「充実プラン」など、決まった内容でしか加入できないケースもあります。

 

反対に、1つずつ補償を選べるのであれば、どうしても資金が足りない場合には「火災のみ補償」のプランを選べば保険料はかなり抑えることができます。

最終的には見積もりを取ってみないと最安値はわからない

以上、安い火災保険の選び方についてまとめてみました。

 

既にお伝えしたように、あなたにとって一番安い保険会社というのは実際に見積もりを取ってみないとわかりません。

 

建物の構造や地域、住宅の性能、建築価格、補償内容などによって、どこが一番メリットがあるのかということは人によって違ってきます。

 

おすすめなのは、一括見積もりサイトを利用したり、複数の保険会社を取り扱っている保険ショップを利用することです。

 

インターネットの火災保険の一括見積もりで保険料はわかりますが、保険ショップの場合には実際に相談しながら試算もしてもらえますし、わからない点は質問することもできます。

 

人を介して加入できるというのは心強いのでおすすめです。

 

当サイトでは火災保険の相談ができる保険ショップとして「ほけんの窓口」をおすすめしています。

火災保険を大幅に安くする方法

 

安い火災保険を安心して選ぶために一度利用してみてはいかがでしょうか?

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ