新築住宅購入時に見直したい家計費

新築住宅購入時は家計の見直しには良いタイミングです。

 

ローンを無理して組んでいるいないに関わらず、今後の出費などを考えると締めるところは

締めるなどして、今後の建物の修繕資金や子育て資金のために

少しでもお金を貯めておきたいものですね。

 

 

家計費の削減というと何を思い浮かべられるでしょうか?

 

 

「光熱費を節約する」 「食費を削る」 「携帯電話などの通信費のプランを見直す」 などの対策が

まず頭に浮かぶのではないでしょうか?

 

 

通信費などは携帯電話代やインターネットの接続料などがあり、

最近ではスマホが普及したので携帯電話代に多くを支払っている方も多いと思います。

 

こういったケースでは料金プランを見直すのが一つの方法です。

 

 

保険の見直しは大きく家計を改善できる可能性がある

 

 

しかし、もっと大きく改善することができるのが「生命保険」をはじめとした、保家計費 見直し険の見直しです。

 

 

特に生命保険に関しては、自動車保険などの損害保険に比べるとかなり大きな保険料を毎月支払っていることと思いますので、このコストを抑えることができれば、かなりの節約ですよね。

 

私の場合は、子供がまだ小さいですし、2人目の子供も欲しいのですが、そうなると今以上に節約をしていかないといけませんよね。

 

うちの場合は、学資保険を含めた生命保険をトータルで見直すことによって、

月々で約2万円を節約することができました。

 

月々2万円ということは年間で24万円になります。

 

10年だと240万円ですよね。

 

これは、単純に生命保険の保障を削って安くしたというものではなく、

積立と保障を一緒にしたりといろいろな工夫をした結果です。

 

 

もちろん、こんなことは素人ではできませんので、プロにお願いをしました。

 

そのプロはFP(ファイナンシャルプランナー)さんです。

 

新築住宅を購入する時期に苦しくなる家計をもう一度見直し、

家計を立て直す作業をプロの方と一緒に相談をすることは非常に重要なことになります。

 

 

 

FPに生命保険を見直してもらうことのメリット

 

FPに相談するメリットは次のようなものがあります。

 

 

一つの保険会社に所属しない独立したFP

 

 

特定の保険会社に所属しないFPなので中立度が高く、複数の保険会社の中から

あなたに合った良いものを選んでもらうことができます。

 

また、FPは保険以外の周辺情報にも詳しいので、不要な部分をカットすることによるコスト削減の

提案もしてもらえます。

 

例えば、万一、世帯主が亡くなった場合には、

ご加入の年金からも「遺族年金」というものが受取れます。

 

 

サラリーマンの方で遺族年金が月々10万円受取れるのであれば、万一のときには、

それを差引いた金額を生命保険で準備すると良いということになり、

非常に合理的な提案をしてもらえます。

 

 

 

お金のプロに相談できる

 

 

相談するのは保険の見直しがメインですが、FPはお金のプロなので

家計費のほかの部分についても相談ができます。

 

 

しつこい営業はありません

 

 

相談したからと言って、必ず加入しないといけないというものではありません。

 

提案を受けた後で、ご自身で検討して納得いかなければ加入する必要はありません。

 

気軽な気持ちで相談することができるので安心です。

 

私も実際に相談をしてみて大きく節約することができました。

 

詳細はこちらでご紹介していますのご参考までに

生命保険 無料相談の体験記

 

FP相談に相談するにはこちらから

↓  ↓  ↓

保険相談

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ