火災保険の一括見積り請求をしましょう

火災保険は相談したり検討したりする前に、参考の見積り依頼をしておくことをおすすめしています。

 

試算はこちらから↓

 

 

 

 

ほとんどの方は保険を意識することなく生活をされていますので、知識が不足していることが多いからですが、具体的にその理由と方法をご紹介したいと思います。

火災保険の見積り依頼を事前にする理由

見積りを自分でとっておくと、下記のようないろいろなメリットがあります。

保険料の相場を把握しておく

保険料の相場を理解しておくことは大切です。

火災保険 相談 見積もり

「だいたいこれくらいの保険料がかかるんだな」

 

と認識しておくことで 実際に加入を検討するときや保険代理店の担当者と相談する際に話がしやすいと思います。

 

家が建って引渡し直前に火災保険に入ろうと思って、

 

「こんなに高いの!」

 

と驚くことのないように事前に調べておきましょう。

 

【関連記事】

火災保険の保険料の相場はどれくらいなのか?

 

補償内容を理解しておく

実際に住宅の保険を検討する段階になって補償を1から調べるのは大変です。

 

引渡し直前になると、とにかく時間がないので、保険の担当者からすすめられたプランを見て

 

「じゃあ、このプランでいいです」

 

と適当に決めてしまうことになります。

 

やはり、高額になるケースも多いですし、補償が選べれば安くできるので補償内容は事前に把握しておきましょう。

 

【参考記事】

火災保険の補償される補償内容とは

 

どんな保険会社があるか知っておく

 

住宅の保険は保険会社によっても内容が大きく異なります。

 

AIUなどはオール電化住宅や太陽光発電の割引、耐火性能の割引など、いろいろな割引があります。

 

また、補償内容も今は保険会社によって違うので、

ある程度事前にどんな保険会社でどんな商品を扱っているのかを把握しておく必要があります。

 

実際に相談する前にある程度、保険会社を絞ることができます。

見積りなら「保険の窓口 インズウェブ」がおすすめ!

インターネットからの一括見積りなら「保険の窓口 インズウェブ」がオススメです。

 

おすすめする理由としては

  • 10社の損害保険会社を取り扱っている
  • 各社の割引などが一目でわかりやすい
  • 簡単にシュミレーションができる

 

このサイトは特にこれから住宅の保険を勉強しようと言う人には、非常にわかりやすい構成になっています。

 

さらに、12社の損害保険会社を取り扱っているので、いろいろな保険会社の特徴を知ることができます。

 

また、概算の建物金額や構造を入力するだけでシュミレーションができるというのも助かります。

 

気に入った保険会社の商品とプランの中から見積もりを選んで送ってもらうことも可能です。

 

こちらはオススメなので是非とも一度参考にご覧ください。

 

試算はこちらから↓

 

 

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ