火災保険とはいったいどんなものを指すのか?

火災保険とは読んで字のごとく、「火災」に遭ったときに補償される「保険」です。

 

火災保険とはどういったものか?

 

家が燃えてしまった場合に補償される保険というイメージの方も多いと思いますが、

「住宅にかかわる保険」=「住宅保険」と考えたほうがしっくりきます。

 

実はこの保険は、家が火災に遭った場合だけではなく、火災保険とは

最近まであまり知られてきませんでしたが、そのほかにもいろいろな補償がセットされています。

 

これは保険会社によっても異なるのですが、すべての補償が自動的に付いている物から、補償を一つずつ選べるものまで様々です。

 

火災保険の補償内容

 

一般的な主な補償としては下記のものが挙げられます。

 

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 物体の落下・水濡れ・騒じょう
  • 盗難
  • 不測かつ突発的事故

 

以前から言われているものには、これらの補償が付いています。

 

【参考記事】

火災保険の補償される補償内容とは

 

このように、一口に火災保険と言っても、たくさんの補償が付いています。

 

実はこのことを知らずに契約している人もたくさんいます。

 

今はインターネットの普及で情報があるので、このことを知っている人も増えましたが、

契約時は認識していても、何十年も経つうちに忘れてしまいます。

 

特に新築住宅でこの保険に加入する場合には、住宅ローン期間に合わせて加入するケースが多いので、

一度契約すると30年以上も同じ保険に入り続けることになるのです。

 

ですから、家を建てて20年くらい経ったときに、台風でベランダが壊れてしまったとしても、

それが火災保険で補償されるとは知らずに、自分で費用を支払う人もたくさんいます。

 

最近の火災保険は補償が選べる傾向にある

 

また、大手の日本の保険会社に多いのですが、

これらの補償が一つのセット商品として販売されてきました。

 

現在では、外資系のAIUなどを中心に補償を選べる保険も増えてきましたが、

まだまだセット販売されている保険会社は多いでしょう。

 

セット販売をされている場合、木造だと保険料が35年一括払いなどでは

100万円を軽く超えることも多々あります。

 

なぜ、35年一括で支払う必要があるかというと、住宅ローンとの関係があります。

 

新築でも中古でも住宅ローンを組む場合には、ローン期間に合わせて住宅保険に加入するように

金融機関から依頼されるケースが多いからです。

 

万一、住宅が燃えてしまった場合に、銀行は確実にローン残高を取り立てる必要があるので、

絶対に火災保険に加入するこおとを要求します。

 

このサイトでは、そういった火災保険のいろいろなことについてご紹介していきます。

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ