火災保険を見直す2つのデメリットとデメリットを帳消しにする火災保険の一括見積もり

火災保険を見直し……って大丈夫?

新築で自分の家を建てた、中古物件をリフォームした――などの際に多くの人が火災保険に加入されたことかと思われます。

 

でも、その火災保険の見直しって、いつやりましたか?

火災保険は年間費が安いこともあって、生命保険や自動車保険ほど見直しする人は、多くありません。

巷では「火災保険も見直したほうが良い」と言われることがありますが、果たしてそうなのでしょうか?

 

今回はあえて火災保険を見直すことのデメリットを考えて見たいと思います!

 

【関連記事】

火災保険を見直して安い保険に加入する方法

[デメリット①]無駄に時間がかかる

火災保険の見直しを行う際の最大のデメリットは、火災保険の見直しに時間がかかる、ということでしょう。

 

複数の会社の火災保険を見比べなければならないし、加入条件も加入した当時とは変わっていることが多いので、いちいちこれらを調べるのは、時間のロス――つまり、デメリットであると言えるでしょう。

[デメリット②]保険料が高くなってしまう可能性がある

火災保険は長期に渡って加入する保険です。

数年単位で加入する保険会社を変えてしまうと、長期の割引が出来なくなってしまうため、その分、保険料が割高になってしまう可能性があります。

 

また保険料を見直した結果、値上がりしてしまったというケースもあるので、火災保険の見直しは必ずしもメリットばかりではありません。

火災保険の見直しはデメリットもあるものの、メリットも多い!

このように火災保険を見直す場合は、少なからずデメリットがあるものです。

ただ、これらのデメリットを解消することが出来るように、現在では火災保険の比較や加入が簡単になっています。

 

まず、面倒な火災保険の比較・見直しは火災保険の一括見積もりを利用することで、WEBで簡単に、しかも無料で各会社の火災保険と自分が加入している火災保険の違いがわかるようになっているのです。

 

つまり、アナタは自宅にいながら必要項目を火災保険の一括見積もりサイトに入力するだけで、火災保険を見直す面倒な手間と時間を節約することが出来るのです!

 

次に、火災保険を見直すことで、長期の割引を利用出来なくなるかもしれないデメリットですが、火災保険の一括見積を利用し、火災保険を見直すことで、もしかすると現状の割引率よりも遥かに金額が安い火災保険が見つかる可能性があります。

 

一口に火災保険といってもさまざまな会社があり、火災保険の加入条件や加入状況が変われば、支払うべき金額も変わります。

だから、とりあえず火災保険の一括見積もりを利用して、複数の会社から見積もりを得ることができれば、今よりももっと良い条件の保険が見つかるかもしれないのです!

 

試算はこちらから↓

 

火災保険を自分ひとりで、見直すことは確かに大きなデメリットです。

しかし、一括見積もりなどを利用すれば、デメリットを払拭するぐらいの見直しメリットが得られる場合もあるので、自分が加入している火災保険の状況が気になり出したら、とりあえず火災保険の一括見積もりを利用するようにしましょう!

%e9%ab%98%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

あなたは1社から提案された火災保険に満足していませんか?

複数の保険会社を比較することで大幅に保険料を安くできる可能性があります。

火災保険の一括見積もりを活用することにより

約3分間で最大12社の見積もりを取ることができます。

*見積もりをもらった場合でも加入するかどうかは、あなたの自由です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ